住宅

外壁を考える

ガーデニング用品

近年住宅におけるトンレドワードの1つにエコ住宅と呼ばれるものがあります。エコ住宅とは地場材を用いた杉や桧などの住宅建材の使用と、省エネルギー化住宅の2つの意味があります。特に後者の省エネルギー化住宅は、多くの人の関心を集めており、これは外壁塗装も大きな役割を果たしています。 省エネルギー化住宅は住宅で使用する、エネルギーの節約を可能としてくれる住まいです。そのために断熱材の使用や、ペアガラスの導入など様々な手法がありますが、その1つが外壁塗装で遮熱塗料を使うことです。 遮熱塗料はその特性として外部からの熱を内部に伝えないのと同時に、内部からの熱を外部に逃さない働きを持ちます。このため一年を通して快適な温度を住宅内で保つことができ、冷暖房の費用も抑えられるとあり、省エネルギー化ができる外壁塗装はこの先大きな需要を得ると言われています。

リフォームにおいて外壁塗装をした際に、最も多い苦情と言われているのが、イメージした色と仕上がりが違うというものです。もちろんこれは業者が意図的に違う色を用いた訳ではありません。 外壁塗装を行う時には、施工前に必ず施主に色見本を見せて、どういったカラーイメージが良いか決めますが、その際の色の見え方は実は仕上がりと違って見えることが多いのが、苦情が出てくる理由です。 色の見え方は小さな数センチ四方のサンプル色と、実際の家に塗布された色では大きく見え方が変わるのは常識になっています。大きい面積ほど、色が薄く明るく見える傾向が人間にはあるため注意が必要です。このため外壁塗装での色選びはサンプルは、イメージよりもやや暗めの色を選ぶと良いとされています。