住宅

外構へのこだわり

作業員

一戸建て住宅を建てた場合、外構工事も行わなければなりません。車を止めるスペースや家に入るアプローチを整備しておく事は、生活をしやすくする為にも、とても重要です。 日本では、平安時代に貴族の家でも外構工事が行われていました。その頃は、今で言うクローズ外構で、竹や木材で作ったフェンスや、生垣などを用いて、閉鎖的な空間を作り上げています。 また、西洋文化が入ってくる前は、和風の造りをしている家が多かったです。アプローチは長く、飛び石や砂利などを使って、造られていました。樹木も松やツツジといった、日本に昔から存在している物が使用されていました。 近年では、西洋文化の影響や技術の進歩なども加わり、レンガやアルミを加工したフェンスなどが用いられています。

一昔前までは、クローズ外構の家が多かったです。しかし、現在では、欧米スタイルのクローズ外構が人気となっています。あえて住宅が人目につくようになっている事で、逆に不審者の侵入を防ぐ効果があります。 また、自動車を所有している家庭の増加とともに、駐車場の確保も欠かせなくなっています。最初は、2台分の駐車場を造って、子供が大きくなるに従って台数を増やすなど、外構工事をやり直している家もあります。 このように外構工事は、住んでいる人の生活スタイルや家族構成によって大きく異なってくるのです。 近年では、そのデザインも多様化している傾向にあります。和風、ヨーロピアン風、アメリカン風といった様々なスタイルを目にします。こういった自由にスタイルを選べる事は、外構工事が進歩してきている現代の魅力とも言えます。